《 おすすめパチスロマニュアル 》

パチスロ立ち回りデータベース    最強スロッターへの道    パチスロスーパーセミナーDVD 完全版

今なら協賛メルマガ登録無しでこちらのパチスロ攻略無料レポートがダウンロードできます。

2009年11月15日

パチスロは結局、出た者勝ち?

平日最終の金曜日(11/13)にホールに出向いたので、その報告をします。

この日はMHの恒例イベントでした。

朝一から出向いてサンサンハナで勝負するつもりでしたが、
チョット手違いで、少し遅刻しての入店。

狙いの台も決めていたのですが、台が空いていないかも・・・
と思ったら、私を待っていたかのように手付かず状態。
お客はそれなりに多かったんですけどね。

そこで早速、台を確保し、状況をチェックしにホールを回ってみたのですが、
ほぼ予想通りの設定配分になっているような気配。

そこで、その気十分となったところで確保台でゲーム開始。

開始後間もなく、まずはREG。
しかし、B1R3まで順調に獲得したところで早くも300ゲーム超え。

が・・・ここでボーナスに当選し、B8R8まで連荘の好挙動!
あっさり1箱のコインが溜まり、下皿にもコインが溜まっている状況。

ここで再び300ゲーム越え。
ここでは300ゲーム後半でボーナスに当選。

そこから、途中で200ゲーム超えを挟みながらも
B14R13まで順調に光り続ける好挙動。

ここまでを見る限りは、完全な高設定域でのボーナス確率なんですが、
どうも挙動が怪しいような気がする。

ボーナス当選回数だけ見れば、設定を疑ってもしょうがない状況なんですが、
どうにも設定6の挙動ではないような気がして仕方が無い。

偶数設定であるのは間違いないと確信できるのですが、
ここまでの挙動を見る限り中間設定(設定4)の線が濃厚。

案の定、ここからモタモタモードに突入し、
600ゲーム弱のハマリを挟んでもモタモタ・・・

ここで中間設定と判断して止めることに。

終了時 3200ゲーム B15R15 合成確率1/107

この時点でのボーナス確率を見ても設定6の範囲なんですが、
その後、打ち始めた人の様子を見てみてもモタモタ状態。

とりあえず、投資金額も少なめでプラス3万8千円。
私としては満足がいく結果となりました。

その後の様子も少し見てみたのですが、やはり怪しい。
多分、中間設定の判断は正しかったと思います。

今回は止め時の判断が良いタイミングで出来たと思います。

もう1台、目を付けていた台があったのですが、
どうも、そちらの方が正解だったようで、
最初にモタついていましたが、すぐに好挙動に好転していました。

今回は最初の台選びで失敗しているのですが、
結果として好結果が出ているので、これはこれで有りかも?

パチスロは結局、出た者勝ちですから・・・

もちろん、設定を見据えての話ですので
その点はお間違えのないように!


PS

今回のパチスロ実践は、結果オーライです。

少なくとも、低設定台を打っていたのでは、
この結果が出るのは超低確率ですから。

中間設定でも出る台は出ます。
問題はタイミングです。
少なくとも運では有りません。

低設定台を打ってばかりいたのでは、
このような結果は1年に何度も無いと思います。

結局、現在のパチスロは設定が命ということです。

低設定台を打つ機会が少なければ少ないほど
負けは少なくなりますし、必然的に勝ちが多くなります。

運なんて関係ありません。
全てはあなた次第です!
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。