《 おすすめパチスロマニュアル 》

パチスロ立ち回りデータベース    最強スロッターへの道    パチスロスーパーセミナーDVD 完全版

今なら協賛メルマガ登録無しでこちらのパチスロ攻略無料レポートがダウンロードできます。

2009年02月25日

設定据え置き狙いの難しさ(その1)

今週に入ってあなたのホールの様子はどうですか?

通常であれば23・24日は開放傾向となるのですが、
今月はチョット勝手が違うのではないでしょうか?

というのも、今月は28日までしかないので、
通常なら25日から始まる回収営業が、
23日からに繰り上げられているホールがあるからです。

今週は無理しない方が良いのでは?と思います。

さて・・・
今回のお題は「設定据え置き狙い」の難しさについてです。

まず肝心になってくるのが「据え置きを使う日はいつか?」ですが、
これは各ホールによって癖があるので一概には言えません。

一般的に
「イベントの翌日に設定投入台の一部を据え置く」
「イベント等が無い平日に据え置く」
というパターンが多いように思います。

これに関しては各ホールを検証してみて下さいね。

では実際にどのような台を選べば良いのか?ですが、
基本は「前日に高設定挙動をしている台」ということになります。

当たり前ですね。
明らかな低設定台では狙う価値がありませんから。

具体的に狙いの台となるのは
「誰が見ても高設定台と思えるだけの挙動(ボーナス回数など)の台」
「設定を投入してはあるが不発に終った台」
の2パターンになると思います。

前記は案外、美味しい時があります。
あまりにもあからさまな台のため、敬遠する人が多いからです。
そこを逆手にとって据え置いてくる場合があります。

後記は判断が難しいですね。
基本は「挙動がイマイチだけどBIG・REGのどちらかが確率の良い台」
といったように、高設定を匂わせる台が狙い目となります。

しかしこの場合「単なる中間設定の片寄り」の場合があります。
これは実際に打ってみて設定を判断するしかありません。

前日に「明らかに設定を入れてきそう」と判断できる台であれば、
ある程度自信を持って打てますが、そうでなければ注意が必要です。

それと、時として3日以上据え置く場合があります。

これは各自で判断しなくてはなりませんが、
判断が非常に難しい場合があります。

これについてはチョット話が長くなりますので
また次回にお話させて頂きます。


PS

来月(3月)はパチンコの方で話題の新台の設置が予定されています。
それにともない、スロ専のホールではイベントなどでアピールしてくる
ことが予想されます。

つまり、開放傾向になることが予想できるわけです。
知らん顔ではお客を取られかねませんからね。
(そのタイミングは各ホールによって違うと思いますが)

パチ・スロ併設ホールでは引き続きスロからの回収が厳しいかも?

スロ専ホールでは、逆を返せば、今月中に回収できるだけ
しておきたいのが本音でしょう。

ということで、よほど経営状況が良好なホールでない限り、
回収傾向が強めに出てくる可能性があります。

美味しそうな広告で客寄せしてくるホールは注意が必要です。
posted by kazaya at 09:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by のぞみ at 2009年02月25日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114781994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。