《 おすすめパチスロマニュアル 》

パチスロ立ち回りデータベース    最強スロッターへの道    パチスロスーパーセミナーDVD 完全版

今なら協賛メルマガ登録無しでこちらのパチスロ攻略無料レポートがダウンロードできます。

2009年12月29日

高設定台はどのくらい稼げるのか?

年末年始は、基本的に私にとってパチスロ定休日。
ま〜、気が向いたら覗きには行くかもしれませんが(^^)

と言うことで・・・
「高設定台はどのくらい稼げるのか?」について考察します。

“高設定台”と聞くと「●万円ぐらいは稼げる!」と
決め付けている人もいますが、実際にはどうなのか?

今回は私がお得意の「ハナハナシリーズ」で考察します。
ハナハナシリーズの中でも「サンサンハナ」を例に挙げて考えます。

サンサンハナはハナハナシリーズの中では最強スペックです。
最強スペックと言っても大したことはありませんが(^^ゞ

まずはサンサンハナのスペックを確認します。

準Aタイプ(ART等の機能は非搭載) 機械割110% 
BIG確率1/244 REG確率1/364 合成確率1/146

機械割とは投資に対する還元率を数値化したものです。
1万円投資で1万1千円、10万円投資で11万円、還元されます。
もちろん、上記の110%は設定6の場合です。

その下の各確率はゲーム数に対する各ボーナスの当選確率です。
これも設定6の場合の確率ですので低設定であれば確率は悪くなります。

さて、実際にゲームした場合の出玉(コイン)ですが・・・

あなたがホールに出向いてゲームを開始した場合、
1万円投資で1万1千円の還元があるかと言えば・・・?です。

パチスロ機は機械ですので、忠実に設定に反応してきます。
しかし、それは安定しません。タイミングによってムラが出ます。

出るときもあれば出ないときもあるということです。
しかしそれは、ゲーム回数を重ねていけば収束していきます。

では、どのくらいゲームすれば収束するのか?
この機種の場合の、おおよそのゲーム回数を明示します。

BIG確率の収束には、約9万8千ゲーム必要です。
REG確率の収束には、約14万6千ゲーム必要です。
合成確率の収束には、約5万9千ゲーム必要です。

よく「設定推測には合成確率を参考にする」と言いますが、
それは上記の通り、確率収束ゲーム数が一番少ないからです。

それでも6万ゲームが必要なわけで、毎日打っても1週間必要です。
1日では到底収束できないので、出る日もあれば出ない日もあるわけです。

また、その「出る日、出ない日」にもムラがあって、
5000枚出る日もあれば1000枚しか出ない日もあります。
もちろんマイナス3000枚なんて日もあります。

しかし、この全てが設定6を打ったときの結果です。

「これじゃ、設定6を毎日打ったって勝てないじゃん!」
って思った人、そんなことはありません。

設定6を毎回打てば5回に3〜4回は勝てます。
負けた日も、低設定台に比べれば少額で済むはずです。

仮に、この5回を5000ゲームずつ回したとすれば、
理論上ではトータルで7500枚の出玉になります。

等価交換の場合、毎回5千円ずつ投資したとして
7500x20−5000x5=プラス12万5千円

これが低設定台の場合は「投資金額=負け金額」となります。
毎回2万円の投資をすればトータル10万円の損失となるわけです。

低設定台でも、たまたま出る(勝てる)ときもありますが、
トータルすれば必ずマイナスになっているはずです。

 双方の差額は約20万円・・・大きいですね。

これを1ヶ月も続ければ、高設定台であれば給料が2倍以上に、
低設定台であれば1ヶ月の給料分が「アッ!」と言う間に無くなります。

「パチスロを打つ場合、設定がいかに大事か」

効率良く高設定台を打つことができれば、5時からスロッターでも
1ヶ月にプラス10万円なんて難しくはありません。

逆に、考えも無しに打てば1ヶ月にマイナス50万円も簡単です。

「低設定台を打ち続ければ必ず負ける」
「高設定台を打ち続ければ必ず勝てる」

これがパチスロです!


PS

今回のパチスロ話は、何のための内容だったのか?
あなたには、どのように捕らえることができたでしょうか?

パチスロを打つ人の大部分は、設定を甘く見過ぎています。

口では「設定がどうのこうの〜」と言う割には、結局、運任せのゲーム。
高設定の期待が持てる台で、チョット反応が悪いとすぐに止めていく。

そこで帰るのならば良いのだけど、そのまま台移動で低設定台に。
結局、大負けして台に八つ当たり・・・全て自分が悪いのに。。

もしかしたら、あなたにも経験があるのでは?
でもこれは、とっても恥ずかしい行為です。
自分の失敗を自らさらけ出しているのですから。。

厳しいことを言ってすいません。
気を悪くされたらゴメンなさいm(__)m

しかし、これが現実であり、よく見かける光景です。

パチスロで勝つも負けるもあなた次第です。
勝つための行動さえ行なえば、必ず収支は上向きます。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

サンタからのプレゼント・・・かな?

土・日曜日は私にとって“パチスロ定休日”ですが・・・

木・金曜日(12/24・25)と調子が良かった私は、
調子に乗って?昨日の土曜日(12/26)にMHを覗いてみました。

元々、出向く予定ではなかったので、入店したのはお昼を過ぎてから。
打ったとしても時間があまりないので、本当に様子見のつもりでした。

しかし・・・思いの他、お客が少なめ(平日よりは多いですが)
私も好き者ですから、台を目の前にすると、いつものクセが。。(^^ゞ

台全体を見渡したところ、思いの他、設定が入っていそうな雰囲気。
しかも、設定据え置きらしき台がチラホラ確認できました。

そこで、サンサンハナのみに絞り込んでチェックしてみた結果、
気になる台が3台・・・内、2台は先客ありで1台に着席。

この台、前日は普通に高設定挙動をした形跡のある台。
当日は見捨てられているようで、300ゲームほど消化でR1のみ。

とりあえずゲーム開始で、すぐにBIG当選。
その後、B2R2まで早めの展開で、次は220ゲームほどでBIG。

しかし、この後がモタモタで、少額の追い金をして続行するも、
200ゲーム台のボーナス当選が続く。

コインが無くなりそうになっては当選の繰り返しで切りが無い。
雰囲気は悪くないが、この日の挙動だけ見れば中間設定?という感じ。

途中、1回だけ即連を挟むものの、その後も同じ展開。
REGも弱いということで、少しだけコインを持って台移動することに。

次は、2人の先客がいた台の内、空き台になった1台。

この台は、前日に設定6が公開されたものの、ほぼ不発状態。
私が台を確保した時点で、1600ゲーム B2R7 200ゲーム放置。

BIGは最悪ながらREGが好挙動ということで
設定据え置きを期待しての台選びです。

300ゲームぐらいまで回すつもりで、持ちコインを投入開始。

予定通り、300ゲームまで回した時点でコインも無くなり、
クレジット分を消化しているところで「ピカッ!」・・・BIG!

その後、B1R1を早めに取るも、次が来ない。。
コインが無くなったら帰るつもりでしたが・・・寸前でBIG当選。

そして、このパターンをもう一度繰り返したところから、
雰囲気が良くなり、コインが増えていく。

もう、あまり時間が無いので、この好挙動が終わったところで終了。
終了時 3100ゲーム B11R9 合成確率1/155

合成確率は高設定範囲ギリギリですが、REGが好挙動なのと、
高設定挙動が強めに出ていたということで、設定据え置きで正解かな?

私が打ち始めてからは 1500ゲーム B9R2 合成確率1/136
投資総額も少なく、プラス2万円と、週末の短時間勝負としては上出来。

これで12/24〜26の3日間、全て勝ち越しでプラス7万7千円!

これって、サンタからのプレゼントかな?
今年に限っては“苦しみマス”が“楽しみマス”になりました(^^)


PS

今回のパチスロ実践は、「午後から出勤」が功を奏しました。

やはり、早い時間から打ち始めるのに比べると、
今回のように状況を確認してから打つ方が断然楽な展開ができます。

打てる時間が短い分、獲得金額は少なくなってしまいますが、
無駄打ちが少なくできるので、早い時間から出向いて打つのと
あまり変わりは無いかもしれません。

もちろん、その日の良好台が確保できればの話ですので、
「打たずに帰る」という状況になった時の決断力は必要ですが。

少なくとも、低設定と思われる台には絶対に手を出さないことが大事。

変な期待感は命取りになるかも知れないことを肝に命じてください。
結果が「良」と出るも「悪」と出るも、あなた次第です。
posted by kazaya at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

結果は天と地・・・でも同じ設定6

今週は今年最後の開放週間。
あなたのホールもX'masイベントなどで盛り上がっていたのでは?

例外に漏れず、MHもイベントが行なわれましたので、
昨日と先昨日(12/24・25)に出向いてきましたので報告です。

まずは先昨日。

この日はチョット期待しての実践。
と言うのも、今回、狙いが設定投入台だったのですが、
1/2程度の確率で予想ができていたため。

が・・・小用で、いつもより1時間遅れての入店となりました。

予定ではサンサンハナで勝負するつもりでしたが、
入店が遅れたので「台が空いていないかも?」

早速サンサンハナのコーナーへ・・・やっぱり、お客が多い。。
しかし何と!狙っていた台が空き台状態!!

すぐに台を確保しゲーム開始。
開始時は250ゲーム程でREGの後、200ゲーム消化で放置。

モタつくかな?と思いながらも、開始後すぐにBIGでラッキー!
その後も良いペースでボーナスが入り、1500ゲーム消化時点で
B6R2と、REGが弱いながらも悪くない。

高設定挙動も結構出ていたので、打ち切るつもりで続行するも、
その後REG3回の後に大ハマリ(T_T)

結局、追い金をして続行し、800ゲームまで引っ張られ、
やっとBIGに当選。。。BIG間で1100ゲーム(泣)

ここからは3回程度、早めにボーナスが入っては中ハマリの繰り返し。
徐々にコインは増えるものの、高設定範囲ギリギリのゲーム展開。

結局、モタモタのまま制限時間いっぱいまで粘り終了。
終了時 4700ゲーム B17R11 合成確率1/168

設定発表では6・・・台挙動からしてもウソは無いのでは?
投資金額も少なく、プラス1万3千円でOK。

そして昨日。

この日はサンサンハナの設定据え置き台狙い。
前日よりは早めに入店し、一番狙いの台は手付かず状態。

早速ゲームを開始し、3千円投資でBIG当選。
その後も早めにボーナスが続き悪くない・・・が、REGが弱い。

早めの展開とは言うものの、コインが無くならない程度。
チョット良い挙動が出て、半箱程度、コインが溜まったところで
この日最大のハマリ・・・

しかし!これが330ゲームと、ハマリと呼べない程度のもの。

その後は、200ゲーム越えを数回挟むも快調そのもの!
相変わらずREGが弱いなりにも次々に光り続け、設定据え置きを確信。

今回は、いつもよりチョット早めの時間制限だったので、
少しもたついたところで終了することに。

終了時 3500ゲーム B20R6 合成確率1/135

合成確率だけ見れば、大した出玉には見えないと思いますが、
ボーナスの大半がBIGなので2000枚オーバーまで伸びました。

投資金額も前日と同程度で、プラス4万4千円と大満足の結果に。

知り合いに台を譲ろうとしたのですが、
さすがに受け取ってもらえませんでした(^^)

今回の2日間は両日とも設定6を1台のみでの勝負ができました。
先昨日はモタモタ感大盛りのゲームでしたが、結果的には理想的な展開。

毎回、こうあれば負け知らずになるんですけどね(^^)


PS

今回のパチスロ実践は、超理想的。
1日に打った台は1台のみ、投資も少なめで言うこと無し!

設定6を続けて打った割には収支は少なめに感じますが、
高設定だって、毎回、好挙動するわけではないですから。

今回は2日間共、ゲーム前の予想がものを言いました。
だからこそ1台のみでの勝負ができたわけです。

先昨日は、これにプラスして、自身の考えに自信が持って
打ち続けたことで結果が出ましたので、実質的な結果(収支)よりも
価値があるのではないかと思います。

この自信の源(みなもと)は、これで学びました。

 パチスロ立ち回りデータベース 販売HP http://tinyurl.com/2jtb66
                関連記事 http://tinyurl.com/ydcxc9r

 最強スロッターへの道     販売HP http://tinyurl.com/2l3u68
                関連記事 http://tinyurl.com/ygpkv3a

上記のマニュアルは、正直、人によって賛否両論あります。
要は、その人のマニュアルの使い方次第だと思います。

しかし「本気の本気」で稼ぎたいと願っているのであれば
少なからずとも良い方向に向かうはずです。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

パチスロで最大限に稼ぐための本当のキモ

このところパッとした話がありません(-_-;)

ということで、先回までに「勝ち組と負け組との最大の違いとは?」
についてお話しましたが、今回はもう少し突っ込んでみます。

バックナンバー
   前回配信分  → http://tinyurl.com/yd5pzjy
   前々回配信分 → http://tinyurl.com/yece5zz

前2回で、マインド面と実行動を例に挙げてお話しました。
これはこれで、とっても大切なことなんですが。。

実は・・・

パチスロで最大限に稼ぐために本当に大切なことというか、
キモのようなものが、実はあります。

それは・・・ナイショです!・・・ウソです(^^)

稼ぐために必要なことを要約すれば
「高設定台であること」「その台を打ち切ること」
この2点に集約できます。

要するに「高設定台を打つ時間の割合を多くする」ということです。

高設定台以外の台を打つ「無駄打ち」を極力減らすことができれば、
それだけプラスは大きくなるということです。

では「無駄打ちを極力減らすための究極の形は?」と言うと、
「最初に打ち始めた台で打ち切る(台移動をしない)」となります。

つまり「打ち始めが肝心」ということになります。
これは昼間スロッターでも5時からスロッターでも同じです。

とにかく「打ち始めを出来る限り厳しくする」のです。

大部分の人は、ホールに入ってサッと設置台を見渡したときに、
何となく良さそうな気がする台に座ってプレーを開始します。

基本的には、この行動は間違っていません。
自身で「出る」と判断した台に座ったわけですから。

しかしここで、もう一考してみてください。

当日の様子(履歴など)からの設定推測ははもちろん、
前日までとの絡み(設定据え置き、打ち替えなど)や
ホールの営業状態、後日の営業方針の推測などを絡めて
もう一度、考え直してみてください。

ホールに入ってすぐに打ち始めるのではなく、
5〜10分くらい考えてから打ち始めても遅くありません。

この5〜10分を惜しんで、低設定台を打ち回すことが
最も「無駄打ち」と呼べる行動です。

最初に決めた1台に5千円を打ち込んで出す(当てる)のと、
打ちながら様子を見るのとでは雲泥の差があります。

前者は、投資額が5千円で済みます。
後者は、3千円づつ5台打てば1万5千円の出費です。

最初の打ち初めを出来る限り厳しくすれば、
それで「出費」した分は「投資」と呼んでも良いと思います。

そこを適当に妥協して「出費」した分は、単なる「浪費」になります。
この「無駄遣い」こそが稼ぐためには大敵となります。

最終的に出る台(高設定台)をつかんだとしても、
出玉の結果に変わりはありません。

1台のみを打った場合も、数台を打ち回した場合も、
最終的なコイン獲得枚数には差は無いわけです。

1万円分のコインを獲得しても、前者ならプラス5千円ですが、
後者ならマイナス5千円となるわけですから、差は歴然です。

ここで間違わないで下さいね。
結果だけ見れば、財布の中身の5千円プラスマイナスですが、
両者を比べた場合は1万円の差になるということを。

これが今後に大きな差になって現れてきます。

例えば3万円のお小遣いの場合、数日で2万円負ければ残り1万円。
逆に2万円勝てれば合計5万円、その差は4万円になります。

“打ち始めを厳しく!”

これこそがパチスロで稼ぐための最大のキモです。

例え、毎日、高設定台を打ったとしても、
これができていなければ何の意味も持ちません。


PS

今回のパチスロ話も精神論的な内容になってしまいましたが、
パチスロで稼ぐということは、それだけマインドが大切と
いうことで、理解して頂ければ嬉しいです。

現実、「打つ」という行為(行動)だけなら3歳の子供にもできます。

つまり、何の考えも無しに運だけに頼っていたのでは、
3歳の子供と同じで、稼ぐなんて遠い夢になるということです。

パチスロで稼ぎたいのであれば、
打ち始めるにも、打ち続けるにも、打ち終わるにも、
全てに理由が存在しなくてはいけません。

パチスロに限らず、何事に関しても同じ原理が存在します。

何か物事を始めるには“1割の思考、9割の行動力”です。
しかし、それを成功させるためには“9割の思考、1割の行動力”です。

最終的には“マインド”がものを言います。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

<続編>勝ち組と負け組との最大の違いとは?

土・日曜日は私にとってパチスロ定休日。
ということで、先週の月曜日に「勝ち組と負け組との最大の違いとは?」
についてお話しましたが、今回はその続きです。

先回「勝ち組と負け組にはマインド(考え方)に差がある」と言いましたが、
今回は、実際にどんな行動として現れるかを具体例を挙げて見てみます。

先回、マインドの差による行動として
『負け組の人は「ボーナスが当たりそうな台」を探そうとします。
 しかし勝ち組の人は「収支がプラスにできそうな台」を探します。』
と書きましたが、これについて実例を挙げてみます。

例えば準Aタイプ(ジャグラーやハナハナなど)の台で
(1)総ボーナスB12R6で、B3R2を連荘後に500ゲームハマリ
(2)総ボーナスB12R6で、ハマリ後にB3R2を連荘し100ゲーム止め
という2台があったとして、あなたならどちらの台を選びますか?

この場合、大部分の人は(1)の台を選ぶのではないでしょうか?
そして、極少数の人が「まだ続くのでは?」と思い(2)を選びます。

では、勝ち組の人は・・・この時点ではどちらも選びません。

大部分の人は、この2台を比較して、こう考えます。
「(2)は連荘直後だから、このあと、ハマリそうだけど、
 (1)は連荘の後でハマっているから、そろそろ当たりそうだな?」

この解析は正解か不正解か?・・・ハイ、分かりません(^^)

勝ち組の人には、この時点ではデータが少な過ぎて選べません。

まず、台選びをするうえで、この時点で最も必要なデータは
「その日の総ゲーム数」です。

総ゲーム数が(1)が3000ゲーム、(2)が2000ゲームの場合、
選ぶべき台は(2)となります。もちろん、総ゲーム数が逆の場合は、
選ぶべき台も逆になります。

2台とも同じゲーム数であれば、どちらも同じ、条件に差はありません。
高設定と判断すれば打つ、打つ台はどちらでも構わない。
低設定と判断すれば、どちらの台も打たない、それだけです。

正直、2〜3000ゲーム程度ではゲーム数が少な過ぎるのですが、
とりあえずはボーナス確率から選ぶのが、最も無難な台選びです。
連荘とかハマリとかは、極端な場合を除いて、あまり重視しません。

そして実際にはここに、最近の傾向などを加味した設定配分などを
考慮して、最も設定が良さそうな台を予測して台を選びます。

もちろん、最も重視するデータは、当日の台状況であるのには
変わりないのですが、場合によっては全く違う台を選ぶときもあります。

例えば、狙いが設定据え置き台の場合、
前日の履歴が、総ゲーム数5000ゲーム B12R6 だったら、
当日、総ゲーム数1000ゲーム B5R3 でも低設定確率内です。

逆に前日の履歴が、総ゲーム数4000ゲーム B20R15 だったら、
当日、総ゲーム数2000ゲーム B5R3 でも高設定確率内です。

これは、狙いが設定据え置き台の場合、前日の履歴と当日の状況を合算して
トータルで設定を判断する必要があるための判断結果です。

台選びの基準は、他にも何パターンもあるので「これ」といった
位置付けはできないのですが、基本は高設定台の見極めです。

勝ち組の人は「今、当たりそうな台」を選ぶのでは無く、
ゲームを続けていく上で「最終的にコインが増えそうな台」を選びます。

何度も言いますが、パチスロで稼ぐには「高設定台の見極め」が全てです。
その場の雰囲気などに流されて、これを軽視すれば必ず負け組になります。

「高設定=稼ぐ」は絶対の法則ですのでお忘れないように!


PS

今回のパチスロ話は先回の続きで、例を挙げて解説してみました。
勝ち組と負け組の違い、何となく理解して頂けましたでしょうか?

もっとも、私自身、人に自慢できるほどの実績を上げているわけでは
ないので、偉そうなことは言えないのですが。。。(^^ゞ

記事が全体的に上から目線気味に表現されているので、
気分を害された方がいたらゴメンなさいm(__)m

でも、実際のホールでゲームされている人を見ていると
「なぜ、あの台を選ぶのか?」「なぜ、あの台を打ち続けるのか?」
というような行動をされている方を多々見受けるのも、これも事実です。

逆に「なぜここで、あの台を捨てていくのか?」という方もいます。

勝ち組の人は台を目の前にしたとき、常に「打つ価値があるか?」
「止める理由は?」「打ち続ける理由は?」などを意識しています。

必ず、行動をするときに理由があるわけです。
決して「勘」に頼るような行動はしません。

「勝つも負けるも、そこには必ず理由がある」

ただし、これは自分の行動に対しての話で、打った台の責任にしないこと。
台は単純に機械的に動いているだけですので。

負けが込んでいる人は、これ(マインド)を意識してみてください。
これだけで、かなり変わりますから。
posted by kazaya at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

浮気は絶対に良くありません!!

昨日(12/8)、ホールに出向いたので報告します。

この日のMHではシークレットイベントを開催。
このイベントは、当日の店内でイベント機種を発表するというもの。

私がメインとしているハナハナシリーズは、今までイベント対象機種に
選ばれたことがなかったので、大して気にもしていなかったのですが・・・

当日、少し遅めの来店をした私は、店内発表を見てビックリ!
何と、サンサンハナがイベント対象機種に指定されていました。

初めての出来事で少し焦りましたが、
運良くサンサンハナのお客は少なめで勝負できる状態。

元々、サンサンハナで勝負するつもりでいましたので、
予定通りにゲームを開始(狙いを付けていた台は2〜3台)

開始してしばらくすると、まずはBIG。そしてREGが2つ。
ここまで早い展開で、次が200ゲーム台でBIG。

その後、モタつきながらも100ゲーム台と200ゲーム台で
REGとBIGで、展開的には悪くない。

が・・・このままモタつき感は加速し、ついにはハマリへ。。
追い金しながら400ゲームを超えても光らず、気分は最悪。。(T_T)

さすがにメゲて、他の狙い台に浮気してみたものの、
雰囲気もつかめずに迷路に入った気分(ドヨヨ〜ン↓)

今までの経験上、これは典型的な負け勝負のパターンになると感じ、
今一度、設置台全体の現状を観察し、1台を選択。

その台とは・・・最初に選んだ台。
この時点では、やはりこの台しか設定投入は有り得ないと判断しました。

私が浮気している間に、他のお客が1人ゲームしたのみ。
ゲーム再開時点で、先ほどのハマリの続きで450ゲームほど消化状態。

このまま500ゲーム過ぎまで回し、ようやくREGに当選。
そして、そのコインがなくなる寸前にBIGを拾い、ゲーム続行。

この時点で1300ゲームB3R4と、どちらにも転ぶ展開。

高設定挙動も弱く、不安をかかえながらも、REGの好挙動を信じ、
若干モタつきながらもBIGを2つ取った時点から、光が見え始める。

そして総ゲーム数2000ゲームを越えたころから好挙動が出始め、
4連荘ボーナスを獲得後、300ゲーム超えを挟むも状況をキープ。

そのまま制限時間近くまで来たところで少しモタつく。
それでも100ゲーム台のREG2回と悪くない。

このまま打ち続けたい気分でしたが、
制限時間が近かったので、知り合いに台を譲り終了することに。

終了時 3500ゲーム B18R9 合成確率1/126

結局、最後まで高設定挙動は弱いままでしたが、
これだけの挙動と設定配分から考えても、設定6が濃厚かな?

途中の追い金と浮気のせいで投資金額は多めになってしまいましたが、
2000枚オーバーでプラス3万1千円となりました。

今回は、途中で浮気をするという意志の弱さを露呈してしまいましたが、
これがなければプラス数千円になっていたので、この点は反省。。

以後、気をつけたいと思います。


PS

今回のパチスロ実践は、ある意味、棚から牡丹餅。

まずはシークレットイベントということでお客が少なめだったこと。
これが公開イベントであれば、打つ台が無かったでしょうから。

そして次に、浮気中に最初の台を打ったお客さんに当たりが無かったこと。
最初の台選びは正解だったので、ここで当たっていれば私の負け勝負です。

そして、最初の台でゲーム再開後、好挙動が出てくれたこと。

これらのタイミングがうまく噛み合って、今回の結果となりました。

最初の台選びは、ある程度、自信があったにも関わらず、
私の意志の弱さで浮気をしてしまい、遠回りをしてしまいました。

本当に私ってだらしない。。(T_T)
結果が良かったものの、反省の1日になりました。

つまみ食いは良くない・・・時々、美味しい時もあるけど。。(^^ゞ
(ゴ〜ラ〜〜!だからダメだって言っているの!!)
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

勝ち組と負け組との最大の違いとは?

土・日曜日は私にとってパチスロ定休日。
ということで、今回はパチスロ実践報告はありません。

そこで・・・
今回は「勝ち組・負け組」について考えてみようと思います。

ま〜、基準が私ですので大した話はできませんが・・・
人にものが言えるほど、人間ができていませんし。。

とりあえず、私も一応、稼いでいる(勝ち組)1人ですので、
その立場から見てみようと思います。

あくまで私が考える「勝ち組」のあり方ですので、
正解かどうかは分かりませんが、参考にはなるのでは?

そこで、私が考える勝敗を決する分岐点となるもの、
要するに、勝ち組と負け組との最大の違いとは・・・

パチスロに対する時の「マインドの違い」と考えています。
これは「考え方」の違いで、単なる知識や技術とは違います。

どんなに機種に対する知識があっても、どんなに目押しが上手でも、
それだけではパチスロで稼げるようにはなりません。

こういった知識や技術は「無いよりマシ」程度のものです。

現に私のMHには目押しが全くできない勝ち組おばちゃんがいます。
台の知識の方も、ボーナス確率すら把握していない程度です。
それでも一般のお客さんより遥かに稼いでいます。

これはひとえに「勝ち」へのこだわりの違いです。

パチスロでゲームすることが好きなことは誰もが同じです。

「パチスロが好き → 好きだから打ちに行く
              → ゲームを楽しむ → 勝敗が出る」

この流れはホールにいるお客さん全員に一致した考え方です。
しかし、安定して勝ち続けている人は少し違います。

「パチスロで勝つのが好き → 勝つために打ちに行く
              → 勝ちゲームを楽しむ → 結果、稼ぐ」

勝ち組の人も最初はパチスロが好きで打ちに行っていたはずです。

それがいつしか「楽しみ」では飽き足らず「勝ちたい」に変わり、
勝つ事へのこだわりとなって、結果的に「稼ぐ」ようになります。

スロッターであれば「勝ちたい」というのは共通の願望です。
純粋に「ゲームを楽しみたい」という人は極わずかだと思います。

パチスロは10人の内9人は負け組と言われています。
つまり10人に1人しか稼ぐことができないということです。

では何故、同じ「勝ちたい」という目標を持ちながら
結果的に「勝ち組」と「負け組」という差が出るのか?

パチスロは基本的に「当たり」を楽しむゲームです。
そしてゲームの結果「当たった!嬉しい!」で一区切りつきます。

一般の人は「勝ちたい」と思いながらも「当たり」が出ることで満足感
が満ちてしまい、ここで無意識の内に完結してしまっているんです。

「勝ち」はこの延長線上にあります。
ここで完結してしまっては「勝ち」は限りなく遠いものになってしまいます。

「そんなこと、言われなくても分かっている!」と思いましたか?
だったら何故、ほとんどの人が分かっているのにも関わらず
9割の人が負け組に甘んじているのか?

これこそが「マインドの違い」そのものなんです。
「勝ちたい」と「稼ぐ」では、似ているようで全く次元が異なります。

言葉を変えれば「ボーナスを当てたい」と「収支をプラスにする」では、
台の選び方などの行動自体が全く変わってくるということです。

負け組の人は「ボーナスが当たりそうな台」を探そうとします。
しかし勝ち組の人は「収支がプラスにできそうな台」を探します。

結果として同じ台を選ぶこともあると思いますが、
大抵の場合、違う台を選ぶことが多いと思います。

このことが分かっているか分かっていないか?
これで結果は大きく異なります。

チョット話が長くなりましたので、今回はここまでとします。

また機会を見て、具体的な話をしてみようと思いますので、
思うように勝てない人は、それまでに自分の行動を見直してみてください。


PS:補足

今回のパチスロ話は、精神論的なお堅い話になってしまいました。
もし書いた内容で気分を害された方がいましたらゴメンなさいm(__)m

でも、実際に勝ち組と負け組が存在するのは事実です。

負け組に甘んじている人がいるからこそ、勝ち組でいられる人がいます。
みんなが勝ち組になったら・・・ホールが潰れてしまいます(^^)

では「誰でも勝ち組になることが出来るのか?」と聞かれれば
「勝ち組になるのは簡単だけど難しい」としか答えられません。

記事にも書いたように、目押しができなくても勝ち組になれます。

しかしそこには「マインド」という壁があります。
この壁は簡単に越えられる人もいれば、超えられない人もいます。

そこで、いつものごとくマニュアルを2つ紹介しておきます。

 パチスロ立ち回りデータベース 販売HP http://tinyurl.com/2jtb66
                関連記事 http://tinyurl.com/yleb9vb

 最強スロッターへの道     販売HP http://tinyurl.com/2l3u68
                関連記事 http://tinyurl.com/yaj4qdp

マインドの壁を越えられるかどうかは本当に紙一重です。
このマニュアルも活用の仕方によって大きく結果は変わります。

しかし「本気の本気」で稼ぎたいと願っているのであれば
少なからずとも良い方向に向かうはずです。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

運も実力の内?タイミングは逃がさないように!

平日最終日の昨日(12/4)、ホールに出向いたので報告します。

この日はハナハナコーナーでイベントがあり、
設定6の一部に確定台が出ます。

いつものごとく、私は台の取り合いになるのが嫌で、少し遅れての入店。
当然、各確定台では先客がゲームをしていました。

そこでまずは、設定据え置き台をチェックしようと
数台をピックアップしゲームを開始。

打ち始めてしばらくすると、確定台を打っていた1人が退席。
早速、台を確保し、その台でゲーム再開。

機種はサンサンハナ。

開始時、200ゲーム台でREG後、250ゲームほどで放置状態。
その台で間もなくREG当選・・・が、コインも無くなり追い金ゲーム。
既に総ゲーム数600ゲームを超えているもののBIG無し(T_T)

そのまま続行し、200ゲーム手前でようやくBIG・・・ホッ。。

その後は比較的早い展開でボーナス当選が続き、
「さすがは設定台!」と思っては見るものの、どうにもREGが弱く、
1000ゲームを超えてもREGは最初の2回のみ。

こういう挙動の台は、あとあと苦労するパターンが多く、
案の定、1箱を手前にしてモタツキが・・・

REGが入ればコインの消耗も少なく済み、展開は楽になるのですが、
BIG待ちの展開では、どうにも辛い。

と、ここで急遽、帰宅要請の連絡が・・・あと数十分しか時間が無い。。

好転を残り時間に期待しつつ打ち続けると、
思いが通じたのか、400ゲーム過ぎでピカッ!BIG!!

そして数回のボーナスを早い展開で獲得し、
少し回したところで早めに終了としました。

終了時 2200ゲーム B13R3 合成確率1/138

この時点ではREGが弱く、展開としては?という感じですが、
ゲーム中の高設定挙動の方はかなり出ていたので、
確定台ということにはウソは無いと思います。

総投資額も8千円でおさまり、プラス1万2千円。
短時間勝負としては悪くない結果となりました。

高設定でも、さすがに短時間勝負だと辛いものがありますが、
今回は運良く、出るタイミングをつかめたのが勝因ですね。

やっぱり、1にも2にも設定が一番重要です。

PS

今回のパチスロ実践は、不測の事態で短時間勝負となりました。

記事の中にも書きましたが、今回は出るタイミングを
運良くつかめたことが勝因ではあるのですが、
その前に、高設定台を早い段階で確保できたことが、それこそ運。

高設定台であれば、出るか出ないかはタイミング次第ですので、
これは運のようであって、実は運ではありません。

低設定台ではタイミングも何もありませんからね。

この台を最初に打っていた人は、高設定台だと分かっているにも関わらず、
勝手に「出ない台」と判断して止めていったわけです。

もしゲームを続けていれば、あと1千円で次ボーナスが拾えたのですから、
自ら、そのタイミングを捨てていったということになります。

もったいない。。。

あなたは、そんなミスをしないようにして下さいね。
もちろん、私の前ではそれもアリですよ!・・・なんてね♪
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

運もあった?絶妙なタイミングの2日間

昨日、先昨日(12/2・3)とホールに出向きましたので、その報告です。

まずは先昨日(12/2)。

前回の報告でお伝えした通り、今週は様子見が必要と感じている私は、
いつもよりも遅れて入店し、まずは各台の反応からチェック開始。

お客の人数は通常とほぼ変わり無しで、台の反応も悪くは無さそう。
設定配分予想とも大きなズレは無い気配が漂っていることから、
この日、メインにと考えていたスペハナの台散策に。

今回は設定投入台に狙いを絞り、3〜4台の候補台から1台をチョイス。

ゲーム開始後、即BIGを獲得し幸先上々♪
が・・・そのコインも無くなり追い金ゲームへ。。

3000円の追い金の末、REGに当選し、
その後、比較的早めの展開で雰囲気は悪くない。

しかし、ボーナスの連荘が2〜3回毎に小ハマリ(400ゲーム程度)で、
このパターンを繰り返し、どうにもモタモタした印象が。。

とは言うものの、何とか1箱のコインが溜まったと思いきや、
ここで2連荘の小ハマリで、コインが半減(T_T)

ここから、ちょいマシの連荘を取ったものの、またイヤな雰囲気。
設定も期待したのですが、この展開ではどうにも怪しい感じが。。
ボーナス確率の方も怪しくなってきたので早めに終了することに。

終了時 3400ゲーム B12R8 合成確率1/170

多分、中間設定の好挙動だと思います。
総投資額も4千円と少なめでプラス1万5千円でOKの範囲。

そして昨日(12/3)。

今回は狙い台の絞込みがある程度できていたので、
前日よりは早めに入店し、サンサンハナでと思っていたのですが、
狙い台に先客がいたので、前日に引き続きスペハナへ。

こちらは4台のピックアップ台の内、2台に先客がいたので、
残りの2台から1台を選択しゲーム開始。

今回も前回同様、早めにボーナスを獲得し、その後も順調。
早々にコインも1箱溜まり、ここでハマリへ。

このハマリも500ゲームで止まり、ここから期待したのですが、
モタモタモードに突入し、再びハマリ・・・が、これは450ゲーム程度。

展開も悪くなく、設定を期待していたのですが、
どうにもREGが弱く、確信できるところまでいかない。

ここで2連荘のREGを獲得するも、それでも1/450程度の確率。
高設定挙動も弱いことから中間設定と判断し止めることに。

終了時 2250ゲーム B12R5 合成確率1/132

まだ制限時間までに少し時間があったので、サンサンハナを試し打ち。

まずはB6R3の連荘の後、500ゲーム放置の台でゲーム再開。
この台で630ゲームまで回しB3を獲得するもREGが弱い。

この台の投資分は確保していたので止めようとしていたところ、
高設定らしき台が空き台になったので即確保し打ってみることに。

開始時は2000ゲーム消化でB9R6、400ゲーム放置状態。
そしてゲーム開始後10ゲームほどでBIG当選!ラッキー!!

その後、早めにBIGが入り、制限時間までゲーム続行。
時間があまり無かったので、200ゲーム越えが出たところで止めることに。

終了時 2700ゲーム B14R6 合成確率1/135

この台、あらゆる点を考えても高設定は、ほぼ確実。
おそらく設定6で間違いないと思います。

ちなみに先に打ったスペハナは、その後、大ハマリに突入していました。
止めタイミングが正解でしたね。こちらは中間設定で正解かな?

今回は台を渡り歩く形になりましたが、合わせて2000枚オーバー。
総投資額も7千円でプラス4万円と満足する結果になりました。

さて、平日もあと1日。
この調子でいきたいところですが・・・どうなることやら?

PS

今回のパチスロ実践は、両日共にタイミングが合っていました。

しかし、タイミングと言っても、運だけではないことは
記事を読んで頂ければ分かると思います。

あくまで設定を意識した立ち回りをした結果であって、
少なくとも明らかな低設定台には手をつけてないつもりです。

今回は高設定台を打つ時間が少なめでしたが、
中間設定でもタイミング次第では勝てる証明になったと思います。

今のパチスロ台は設定が命です。
低設定台を打つ時間が短いほど勝つ確率は高くなります。

同じ事を毎回言いますが、これは絶対的な法則ですので、
変な爆発を期待しないように立ち回って下さいね。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

しばらくは様子見の期間になりそう・・・かな?

11月最終日の昨日(11/30)、ホールに出向いたので報告します。

MHは先週、金曜日を除いては、ほぼ完全回収的な営業でした。
正直、今週はどんな営業をしてくるのか一抹の不安があります。

ただ、ひとつ言えることは、来るべき年末年始の大回収に向けて
派手な回収はできないであろうということ。

ここで派手にやらかしてしまうと、年末年始に集客がしにくく
なってしまうので、かえって収益を減らしてしまう可能性があるから。

ということで今回は、いつもよりちょっと遅めに入店し、
朝一の台の挙動を確認してみました。

お客の入りは普通、各台の挙動は・・・これも普通?
ま〜、先週までの完全回収の状態ではなさそう。

遅めの入店ということでサンサンハナはお客が多め。
予定通りスペハナに狙いを絞り散策し、3台をピックアップ。

1台は設定投入狙い、2台は設定据え置き狙い。

まずは設定投入狙いの台からゲームを開始し、即BIG当選。
続いて200ゲームほどでBIG・・・で、後が続かず止め。
流れから見て、前日の続きっぽい雰囲気。

次に設定据え置きの2台なんですが、1台は前日に設定を入れてきた台。
そしてもう1台は・・・これ、先週金曜日に私が打った好挙動台。

土曜日は明らかな据え置き挙動で、日曜日はBIG最悪ながら
REGがそこそこの履歴が残っており、据え置きの臭いがする。

この状態であれば、据え置きの可能性もあると見てゲームを開始し、
早めにBIGが2つの後、200ゲーム弱でREGで即BIG。

が・・・そこからモタモタで、400ゲーム台、300ゲーム台、
200ゲーム台とBIGが入るもののREGは無し。

その後、ようやくREGが入るものの極端に弱く、
辛いゲーム展開になりそうな予感がするものの、
BIGは比較的安定傾向。

今回はあまり時間が取れずに短時間勝負のため、
1箱のコインをキープしたところで止めとしました。

終了時 1900ゲーム B11R2 合成確率1/146

消化ゲーム数が少ないので設定は?ですが、おそらく据え置き。

これで4日間、設定を据え置いたと仮定しても、
その間の合成確率は設定6の範囲。
多分、設定据え置きで間違いないと思います。

今回のゲームは、前日の履歴からもREGが厳しくなりそうな
雰囲気はあったので、その点は予定通り。

BIGが予想よりも好挙動を見せてくれたので、
REGが弱いなりにも、比較的、楽なゲーム展開となりました。

収支も短時間ながらプラス1万6千円となり、まずは良し。
明日以降もチョット様子を見ながらでいこうと思います。


PS

今回のパチスロ実践は、私自身の体調がいまひとつというのもあってか、
あまり気負いも無く、それが逆に功を奏したのかもしれません。

おそらく、万全な状態であれば、終始、設定投入台を狙ってのゲーム展開を
していたでしょうから、もしかしたら失敗していたかも?

毎回、冷静にその場の状況判断ができれば問題は無いのですが、
気分屋の私には至難の業!・・・自慢するな!!

正直、今回の台が設定据え置きであれば想定外の出来事。

ホールも、あれやこれやと、色々やってくれます。
要するに、稼ぐためには柔軟な対応力が必要ということですね。
posted by kazaya at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。