《 おすすめパチスロマニュアル 》

パチスロ立ち回りデータベース    最強スロッターへの道    パチスロスーパーセミナーDVD 完全版

今なら協賛メルマガ登録無しでこちらのパチスロ攻略無料レポートがダウンロードできます。

2009年02月12日

休日のイベントの考え方について

昨日の祝日(2/11)は打ちにいきましたか?
当然、私は・・・行っていません。

私は見込みが無い限り、休日に打ちに行くことはありませんから(^^)

さて、ホールはこの休日、どうだったのか?

基本的には回収営業だったはずなんですが、
様子見に行っていないので、ハッキリしたことは分かりません。

私のMHでは平日と同じ内容のメールを配信してきました。
これは、やる気があるのか無いのか判断に困ります。

ただ、そのメールの内容が「ART機種イベント」というもの。

ART機種と限定してきてはいるのですが、対象機種が多すぎて
限定になっていませんので、狙いようがありません。

しかもART機種はヒキ、つまり運に左右される要素が多すぎます。
例えば最近の台で言えば「ウルトラマン」なんかは良い例です。

この台、オール設定2で据え置いているホールが多いと聞きます。
設定1では台に動きが出ないため設定2にするのだとか。

分かりにくい方のために簡単に補足しますね。

この台、BIG図柄に赤と青の2種類があって、
その出現比率で偶数設定と奇数設定が判別できるんです。

これは実際に打っていなくても台機能で確認できます。
赤の出現率が高い場合は奇数設定、青の場合は偶数設定となります。

つまり、赤比率が高くて出ていないとなれば設定1の可能性があり、
青比率が高くて出ていれば設定6の可能性があることになります。

ボーナス確率の設定差がやや小さいので、この赤青比率と出玉で
設定を推測することになるのですが、人は自分の都合が良いように考えます。

たとえ設定2でも、たまたまボーナスやARTが片寄って出玉が良ければ
勝手に設定6と勘違いして打ってくれるという現象が起きます。

ホールはそれを利用してオール設定2の据え置きを多用してきます。
実際にこれで営業しても7〜8台に1台は爆発してくれます。

低設定でも爆発するのでホール側としては扱いにくい台なワケですが、
それは設定を使い分けるホール場合で、逆に常に設定2にしておけば
勝手にメリハリが出て都合が良いとも言えます。

お客側からしてみれば勝てさえすれば良いわけですから、これは有りですね。

上記では「ウルトラマン」を例に挙げてみましたが、
他の台でも同じようなことが言えます。

結局、ART機種イベントと言っても全くアテにはならないということです。
これが休日であればなおさらです。これでは運が無ければ勝てません。

ということでART機種のイベントの場合、私は回収営業と判断しています。
これはあくまで私の判断基準ですが、あなたの判断はいかがでしょうか?


PS:補足

今回の記事は報告では無く、私の判断基準の一部を
紹介してみましたが、あなたはどのように感じましたか?

判断基準は人それぞれです。
私の言うことが絶対なわけでは当然ありません。

判断基準はその人なりの基準で良いと思います。
ただし、それにはそれなりの理由(根拠)がなければいけません。

しっかりした根拠があっての理由付けであれば、それは立派な戦略になります。
根拠が無く「なんとなく・・・」では、それは単に運任せなだけです。

パチスロで稼ぐためには、その行動に必ず理由がなければいけません。

台を選ぶにしても、今打っている台を打ち続ける・台移動するにしても
必ず根拠がある理由あっての行動をとってください。

ただ単に「連荘が止まったから」「ちょっと打って当たらないから」なんて
根拠の無い理由で台移動をしているようでは損することが多くなります。

「ちょっと連荘したから打ち続ける」というのもしかりですのでご注意を。
posted by kazaya at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。